インプラント

インプラントとは、人工の歯根のことです。
天然歯が何らかの理由で失われ、歯の修復が必要とされた場合に顎骨にインプラントを埋め込みます。
その上に人工の歯を固定します。

インプラントチーム

画像

インプラントチームはインプラントコーディネーターの資格を取得したメンバーが中心となり材料器具の管理、術前、術後の患者さんの管理を行います。術中は担当が主に機械取りと場周りを行います。特に滅菌は厳しく行い、またオペ中は短時間でスムーズにいくよう皆で協力し工夫して行います。

メタルバッキングセラミック(メタルボンド)について

インプラント 奥歯 術前 インプラント 奥歯 術後
インプラント 前歯 術前 インプラント 前歯 術後

3つの治療法~歯を失ってしまった方へ~

大きく分けて3通りの治療法があります。それぞれにメリット、デメリットがあります。
よく比較検討の上治療法を決めていきましょう。詳しくは担当医までご相談ください。

部分入れ歯(義歯)

画像

メリット

保険が効くものもある。一番安い。
型をとるだけで簡単に完成。
隣の歯をほどんど削らない。

デメリット

異物感があり噛みにくい。
支える歯が揺すられる力を受ける。
金具の見た目が悪くモノが詰まる。
着脱式なので手間がある。
歯肉の変化に応じ、ときどき再製・修理が必要。

ブリッジ

画像

メリット

保険が効くもの(金属色)もある。
固定式なので取り外す手間がない
異物感が少なくよく噛める。

デメリット

隣の歯を一番削る。
支える歯に負担がかかり続けるので、隣の歯が弱いとできない。
金属が見える。
清掃が難しい。

人工歯根(インプラント)

画像

メリット

隣の歯を削らない・負担もかからないので周りの歯に最も優しい。
固定式なので取り外す手間がない。
見た目も一番美しく自然。
異物感がなく一番よく噛める。

デメリット

保険外治療(総額35万円)。
治療の待ち期間がある(1.5~3ヶ月)。

インプラント治療を行うとこうなります。

歯が1本抜けている場合

従来のブリッジだと支えるための歯を2本削らなければなりません。
インプラント治療だと、まわりの歯をまったく削る事なくインプラントを1本入れるだけで行えます。

歯が何本か抜けている場合

何本も歯が抜けている場合はクラスプという針金のようなものを歯にかけて入れ歯を支えるか、残っている歯をたくさん削って支えし、大きなブリッジや入れ歯を入れなければなりません。
インプラント治療だと、抜けた歯の数だけインプラントを入れるだけ。
自分の歯がもと通りになったようです。

歯が全部なくて入れ歯をいれている場合

普通の入れ歯はガタついたり、食べ物のかけらが入って痛かったり、かたい物がかめなく、大きく笑えないこともあります。
インプラントをいれて入れ歯の支えにするだけで、ほとんどのものがかめるようになります。
大きな口をあけても入れ歯がずれたりしません。

インプラント治療を施術するにあたり、歯槽骨が少ない(薄い・細い)場合

インプラント治療を希望された患者様で、インプラントを支える(植立する)歯槽骨が少ない(薄い・細い)と診断された時、そのままではインプラント治療が難しい場合があります。
そのような症例の時には、インプラントを支える歯槽骨を増やす為の治療方法もあります。

診断 歯槽骨再生治療

審美、咀嚼機能回復義歯について

1. 審査と治療計画

インプラント治療が可能かどうか等を診断し、治療計画をたてます。

2. フィクスチャー埋入の手術

歯根に相当する部品(フィクスチャー)を、顎の骨に埋入する手術を行います。

3. 治癒期間

骨とインプラントがしっかり結合するのを、3から6ヶ月間待ちます。

4. アバットメントの連結

人工の歯の支台となる部品(アバットメント)を、フィクスチャーに連結します。

5. 人工歯の装着

インプラントを含めたお口の中全体の型取りを行ない、人工の歯を製作、アバットメント上に装着します。

6. メンテナンス

インプラントを長持ちさせる為には、適切なホームケアと定期的な健診が必要不可欠です。

7. フッ素の利用状況を調べます。

フッ素は歯の耐酸性を向上し、ミネラルの再石灰化を促します。また抗菌作用を発揮し、細菌の酸を作る働きを邪魔してくれます。最近はフッ素の利用は歯を守るうえでは常識化してきています。
フッ素入りの歯みがき剤を使用したり、歯科医院での定期管理の際のフッ素塗布の頻度もポイントになります。

インプラントについて、よくある質問にお答えします。

Q.誰にでも治療は受けられますか?

年齢的に顎の骨が完成する20歳前後から、健全な方であれば基本的に誰でも治療を受ける事が出来ます。
ただし、全身疾患、妊娠中の方などはインプラント治療を受けられない場合がありますので、担当医にご相談下さい。

Q.手術の際に入院が必要ですか?

基本的には入院の必要はありません。但し、特殊な症例の場合や、全身疾患を有する患者さんの場合には、入院して手術を行う事もあります。

Q.治療期間はどのくらいかかるのですか?

インプラントを埋入した部分や個人によって差がありますが、4ヶ月から7ヶ月程度の治療期間が必要となります。

Q.インプラントはどのくらいもちますか?

患者さんのお口の中の衛生管理大きく関係してきますので、お口の衛生状態が悪いと寿命が短くなる場合もあります。
常に衛生状態を良好に保ち、担当医師や衛生士の指導に従っていただくことが大切です。

Q.治療費用はどのくらいかかりますか?

現在保険治療の適用になっていません。埋入するインプラントの本数など治療の内容により異なりますので、詳しくは担当医師にご確認下さい。

サイドメニュー

  • スタッフ紹介
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 口臭相談
  • 歯周病治療
  • ホワイトニング
  • 治療費
  • PMTCとは
  • 当院の治療の流れ

患者様の声

求人情報

予防歯科検診システム

copyright (C)2005.05.25 by Heartful Dental Clinic All rights reserved.