小児歯科

小児歯科チーム

画像

緊急性のある場合以外は抑えつけての治療は行いません。
本人が自ら口を開け、治療を乗り越えていこうという気持ちを育てます。
ご両親や歯科医側も非常に根気が要りますが、お子様の成長は驚くほどで、ご両親やわれわれの大きな喜びにもなります。

抑えつけられての治療を受けた経験は必ずトラウマとして一生残ります。
強いトラウマを持った子は成長してもなかなか治療を受け入れられないことも多く、気づいたときにはお口の中は悲劇的な状況になってしまっていることもあります。

画像

初めは医院に入ることもできなかった子がトレーニングによって治療を受けられるようになり、 最終的には定期健診も自らすすんで受けるようになるのが当院のスタイルです。

治療に連れてくるお母さんも、治療を行なう側も非常に根気が要りますが、その結果得られるものは必ずあります。
子供の成長ぶりは驚くほどで、それがまた両親、そしてわれわれの大きな喜びになります。
それが本当の小児歯科であると考えます。

 

シーラント

6歳臼歯など生えて間もない永久歯などは歯質がやわらかく、虫歯になりやすいため、むし歯になる前に歯の咬む面の深い溝を削らずに合成樹脂をつめて歯を虫歯菌から守ります。

画像

永久歯が生えて3年くらいが一番むし歯になりやすい時期です。
むし歯になってからの治療ではなく、虫歯になる前の予防を心がけていきましょう。

キシリトールパワー

キシリトールはお砂糖と同じくらいの甘さがあるのに、虫歯の原因となる酸を作りません。
また、虫歯菌を減らして歯を丈夫にする効果があります。
さらに虫歯予防のために大切な天然の抗菌薬『唾液』の分泌を促します。

画像

永久歯が生えて3年くらいが一番むし歯になりやすい時期です。
むし歯になってからの治療ではなく、虫歯になる前の予防を心がけていきましょう。

フッ素パワー

フッ素が歯の表面のエナメル質に取り込まれることで、歯が丈夫になり酸に溶けにくい強い歯が作られます。

画像

いつもおなじみの『リンゴのおくすり』3ヶ月に1度クリーニングをしてから定期的に塗ります。
液だれしにくい泡タイプも用意しています。

画像

毎日フッ素配合の磨き剤を使います。色んな種類があり、大人用もあります。

※フッ素を使ったからといって、虫歯予防は万全ではありません。 日ごろから適切な歯磨きをして、常にきれいにしておくことが大切です。

小児用デンタルノート

画像

小児にも定期的にフッ素塗布に来院してくれる子にはデンタルノートを発行し、保護者の方に今のお子様の口腔内の現状や注意するポイントなどを知って頂く努力をしています。

幼若永久歯を守ろう

幼若永久歯を守ろう

サイドメニュー

  • スタッフ紹介
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 口臭相談
  • 歯周病治療
  • ホワイトニング
  • 治療費
  • PMTCとは
  • 当院の治療の流れ

患者様の声

求人情報

予防歯科検診システム

copyright (C)2005.05.25 by Heartful Dental Clinic All rights reserved.